2015年!学資保険の返戻率ベスト5はどこだ!?



2015年!学資保険の返戻率ベスト5

学資保険は何と言っても返戻率が大事です。いくら入れたら、いくら返ってくるのか?どうせなら、たくさんお金が返ってくるところで加入したいと思いませんか?

というわけで、学資保険の返戻率ベスト5を、こちらで紹介したいと思います。とは言え、学資保険を選ぶ基準は他にもありますので、返戻率はそのうちのひとつとお考えください。


2015年 学資保険返戻率ベスト5

1位:フコク生命 みらいのつばさ(ジャンプ型)
返戻率:110.1%
毎月支払い:8897円、22歳満期、保険料200万円の場合

堂々の第一位はフコク生命の「みらいのつばさ」。返戻率は110%超ですが、22歳満期ってのがたまにキズ。だって22歳でお金もらったって、あんまり役に立たない。



2位:ソニー生命 ソニー生命の学資保険(Ⅱ型)
返戻率:108.4%
毎月支払い:8420円、18歳満期、200万円の場合

やっぱソニー生命、18歳満期ってのがわかってる。108.4%なら問題なし。



3位:フコク生命 みらいのつばさ(ステップ型)
返戻率:108.4%
毎月支払い:9493円、22歳満期、200万円の場合



4位:明治安田生命 明治安田の学資のほけん
返戻率:107.6%
毎月支払い:10323円、21歳満期(15歳払い済み)、200万円の場合



5位:日本生命 ニッセイの学資保険
返戻率:107.4%
毎月支払い:9044円、22歳満期、210万円の場合



というわけで、返戻率の高いところだと、105~110%ぐらいを狙うといいのかもしれません。実はソニー生命で114.1%っていう返戻率の学資保険があったんだけど、2015年5月2日で販売終了になっちゃいます。


さらに高い返戻率を狙うなら・・・

実は方法が無いわけではない。っていうか、知ってる人は普通に”それ”を使ってます。気の利いたファイナンシャルプランナーなら、たいてい教えてくれるはずです。

もし興味のある方は、保険のビュッフェのファイナンシャルプランナーなら教えてくれると思います。

 
保険のビュッフェで学資保険を相談する
 
※ ただし「返戻率の高い学資保険を教えて下さい!」なんていう聞き方はしないようにしてください。普通に学資保険の相談をしに行って、学資保険以外の保険を紹介してくれたら、それが学資保険と内容はほぼ同じ、でも返戻率が高い保険になります。
 
 

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ