自動車保険の乗り換えデメリット


自動車保険の乗り換えデメリット

自動車保険の乗り換えには、3つの大きなデメリットがあります。


乗り換え時期によって損をする?

満期を迎える前に乗り換えてしまうと、余分な保険料の支払い、また同じ等級の割引で1年間待つことになり、かなりの大損になります。また、事故後13カ月以内だと等級が下がるだけでなく、割増も適応されてしまうので、注意が必要です。


解約返戻金が少なくなる? 
二つ目に、一括払いで契約途中の保険を解約してしまうと解約返戻金が少なくなる可能が高いです。保険会社にもよって違いますが、解約手数料や短期率の月額計算となり、元の55~70%しか戻ってこないです。


保険商品の微妙な違いで困ることが?
保険商品の中でも特約に多いケースで、ロードサービスのサービス範囲距離やバイク特約の適用範囲、対物の修理基準など細かな違いまで説明されないです。そのため、いざ保険を使用した時に困る可能性があります。また、安い保険会社ほど対応が雑な場合が多く、色々な情報から判断しないといけないです。


ほけんの窓口で自動車保険の見直しが出来ます


 

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ