賃貸マンションの火災保険の見積もり

賃貸マンションの火災保険は自分でやると安くなる

賃貸の火災保険(正確には家財保険)は、賃貸契約の時に、不動産会社に勧められるものをなんとな〜く契約していると思います。

 

火災保険自体は、近所の人に迷惑をかけないためにも、必ず入るべきものです。賃貸契約にも「火災保険入ること」っていう条文があって、保険に入らないとそもそも契約出来ない場合がほとんど。でも、保険にさえ入っておけば問題なく、不動産会社が勧めるものに必ずしも入らなければならないわけではありません。

 

不動産会社に勧められる保険は高いことが多い。

他で加入したほうが確実に安くなります。

 

管理人の例で言うと・・・

こちらが不動産屋で加入する火災保険。2年で総額25,000円也。

 

そしてこちらが某保険ショップで見積もってもらった火災保険

保障内容はほぼ同じで、2年総額15,570円!

つまり前の保険より、1万円近く安くなっていることになります。再度言いますが、保障内容はほぼ同じです。

 

それで賃貸の契約更新の際、不動産屋に

「火災保険は自分で契約しますね〜」って言ったら、
「分かりました〜」って明るく答えて頂きました。

 

賃貸の火災保険は、不動産屋に勧められる保険に入らなくてもいいです。どの保険に入ってもいいです。少しの勇気と少しの時間をかければお金は節約できます。

 

管理人が火災保険を契約した保険ショップ

 

保険相談する

 

 

賃貸の火災保険のコンテンツ

 

このページの先頭へ