賃貸火災保険の内容について

賃貸火災保険の内容について

勘違いされている場合もありますが、賃貸物件の火災保険は、燃えちゃった建物を建て直すための保険ではありません。このような補償内容の火災保険は建物の所有者である家主さんが加入するんです。

入居者の人たちが加入する火災保険というのは、自分たちの家財に対する補償と、借家人賠償責任に対する補償のためとなっております。

 

つまり、自分の家の家具や家電製品、貴金属、ブランド品などが火事で燃えた時、それを補償してくれるのがひとつ。

ふたつ目は、賃貸物件を現状回復して変換する義務がありますが、そのための補償ってわけ。

 

借家人賠償責任ってのは、自分が火事の発生に関係がなかったとしても義務が発生します。つまり貰い火でも、借りてる人は元に戻して家主に返さなきゃならない。

なので自分は絶対大丈夫!って思ってる人でも入っておこうね。

 

管理人が火災保険を契約した保険ショップは?

 

保険相談する

 

 

賃貸の火災保険のコンテンツ

 

このページの先頭へ