賃貸の火災保険を選ぶポイントは?

Q. 賃貸の火災保険を選ぶポイントは?

A. 補償内容と特約の内容、示談交渉サービスが付いているかどうか

火災保険を選ぶポイントは、補償内容はもちろんの事、重要なのは保険会社によって変わる部分がどのくらい充実しているかがポイントとなります。

保険会社によって変わる部分というのは、追加料金無しで自動的にセットされる特約の内容と、示談に向けて保険会社が交渉してくれる示談交渉サービスが付いているかどうかです。

 

追加料金無しで自動的にセットされる特約

まず、追加料金無しで自動的にセットされる特約で重要なのは、借家人賠償責任が含まれているかどうかと、個人賠償責任が含まれているかどうかである事。火災保険に入る意味として一番重要である借家人賠償責任と個人賠償責任ですが、これらは万が一の時に備える特約です。

でもご安心を。これに関しては重要事項であるため、ほとんどの火災保険に特約として自動的にセットされています。

 

 

示談交渉サービスが付いているかどうか

こっちが結構重要かもしれません。示談交渉サービスが付いているかどうか。

これは、損害賠償を請求された場合、保険加入者に代わって保険会社が示談に向けて交渉してくれるサービスとなります。火災保険に限らず、保険にはこのような特約が付いているかどうかの確認をする事をおすすめ致します。

まあこれもほとんどの火災保険に付いているんですが、たま〜についてない場合もあるので、注意が必要です。

 

ちなみに僕が入った火災保険には付いていましたよ。

管理人が火災保険を契約したら・・・○○○○○円も下がった!?

 

保険相談する

 

 

賃貸の火災保険のコンテンツ

 

このページの先頭へ