保険料が安い賃貸の火災保険は?

Q. 保険料が安い賃貸の火災保険は?

A. 一概には言えないけど、家財金額が見合った保険です

自宅が賃貸物件の場合、家や部屋を借りる人は、火災保険への加入が必要になります。しかし、入居者が加入する火災保険は、建物自体に掛ける保険ではありません。

火災保険というと、火災などによる建物への保険だと思いますが、実は建物自体への保険は、家主さんが加入します。

 

入居者が加入する火災保険は、自分の家財に対する保険と、賃貸契約の原状回復義務に対する保険となります。

そのため、本当は賃貸の火災保険のことを「家財保険」といいます。つまり家の財産(内装含む)への保険がメインです。

この原状回復義務とは、万が一自分の借りている家や部屋が火災で住めなくなった場合、借りてる人が原状を回復しなければならないというものです。その火災を起こしたのがたとえ自分ではなかったとしても、です。つまり貰い火でも原状回復義務は発生します。

 

この場合の保険として火災保険に加入するのです。加入するといってもこの借家人賠償責任が家主にとっても、入居者にとっても重要であるので、賃貸用火災保険に加入した場合に特約として自動的に付きます。

 

話を戻して、実はこの特約、2年間で数千円程度となります。では何で保険料が変わるのか。もうお分かりの方もいらっしゃると思いますが、タイトルアンサーにもあるように、家財の金額が大きいと、保険料が上がるのです。

つまり保険加入時に決める家財金額が高いと保険料が上がるので、一人暮らしや高級な家財を持っていない場合、この家財金額の設定を見合った金額にするか、安く設定する事が、火災保険の費用を下げる事に一歩近づけるのです。

つまり、高級家具とか宝石とかを家に隠している人は、なるべく高い保険にしておいたほうが良いってことです。

 

またご家族が多いと、家財金額はそれなりに大きくなってしまいます。ご自身の暮らしにあった火災保険を選ぶ必要がありますね。

 

管理人が火災保険を契約した保険ショップは?

 

保険相談する

 

 

賃貸の火災保険のコンテンツ

 

このページの先頭へ