定期保険(掛け捨て保険)と終身保険の違い

定期保険(掛け捨て保険)と

終身保険の違いは?

 

定期保険 → 月々の掛金は安いけど、払ってる間だけしか保障されない

終身保険 → 月々の掛金は高いけど、一生保障される

説明を読むのが面倒な方はこちらで説明が受けられます

 

 

定期保険は言ってみれば、自動車保険のようなもの

掛けてる期間中に、何かあればお金が入りますが、何もなければ、保険金は支払うだけです

その分、掛け金は安く、下りる保険金は大きいです。

 

年齢などの条件によって違いますけど、

定期保険は月5000円ぐらいの支払いで、死亡時に1000万円ぐらい下りる

と考えればいいと思います

 

 

メリット → 安くて高額の保障

デメリット → 掛け捨て

つまり、安く保険料を抑えたいなら、定期保険はうってつけです。でも、将来の蓄えにはならないということです。

 

 

 

一方、終身保険は貯金に近い

掛けてる期間中、何かあればお金が入ります

ただ、定期保険と違うのは、払い終わった後も保障が続くところです

 

払い終わった後は、不幸があったときに下りる保険金とほぼ同額支払ったことになります

その時点で解約しても、ほぼ同じ額が戻ってくるので、払ったお金は無駄になりません

 

その分、掛け金は高くなります

条件によって違うけど、だいたい月2万円ぐらいで、1000万円降りると考えればいいでしょう

 

イマイチ分からなかった場合は、こちらで専門家が教えてくれます

※ 保険についての勉強の目的だけでも、利用している人は多いです

 

保険相談する

このページの先頭へ