消費税増税による負担増を乗り越える方法

 

消費税増税による負担増を埋めるには?
消費税増税により、年収500万円の世帯では、一年で12万円ほど負担が増えるそうです

 

つまり、一ヶ月で一万円の出費増

 

この一万円、どこからか捻出しなくてはなりません。ヘタしたら、お父さんのお小遣いを、そのまま1万円減らされるかもしれません。

ですが、ご安心ください。生活の質を変えず、節約する方法があります・

 

保険の見直しで、月一万円は簡単に節約できます

保険にどのくらいお金をかけているかで変わってきますが、
保険の見直しで、1万円節約するのは、それほど難しくありません

「保険料を下げれば、保証内容が下がっちゃう!」

と心配されるかもしれませんが、多くのケースで保証内容はあまり変わらず、保険料だけ下がる場合が多いようです。これは保険会社によって、保険料の設定が違ったり、今加入している保険に、余計に払っている保険料が含まれていたりするからだそうです。

 

さらに、生命保険だけじゃなく、自動車保険、火災保険なども見直しましょう。

 

生命保険と比べると節約の額は少ないですが、自動車保険や火災保険(賃貸含む)も積み重ねると、大きな節約になります。生命保険、自動車保険、火災保険で、合わせて年間20万円の節約が、ひとつの目安になるんじゃないかなー

 

もちろん、人によっては、まったく保険料が変わらない場合もありますが、少なくとも自分の保険内容を確認するためだけでも、保険相談を受けるのはいいかもしれません。

 

>>ほけんの窓口で保険相談を受ける

 

 

保険見直しのコツ

ほけんの窓口で保険見直しするにしても、保険料を下げるには、ちょっとしたコツがあります

 

1.保険料を下げることが目的だと明確に伝えましょう

一般と比べて、今入ってる保険の保障内容が薄い場合、逆に高い保険を勧められることもあります。保険料が下がらないなら見直さないということは、最初に伝えておいたほういいでしょう。

 

2.保険見直しは家族全員

保険見直しをされる家族で、最も保険料が高くついている世帯主の保険だけを見直す方がおられますが、それは非常にもったいない。下げ幅は少なくても、奥さんやお子さんの保険も一緒に見直しましょう。

 

3.自動車保険、火災保険も一緒に

生命保険や医療保険だけじゃなく、この際、自動車保険も火災保険も見直しましょう。賃貸マンションの火災保険だけでもこれだけ下がりましたから、バカには出来ません。

 

 

家族全員、自動車保険や火災保険も合わせて保険の見直しをすると、
平均的なご家庭で、月あたり2〜4万円ぐらい節約できます

もちろん一般論なので、あなたに当てはまるかどうか分かりませんが、やってみる価値はありますよね。

 

ほけんの窓口では、自動車保険や火災保険も相談できます。他の保険ショップやファイナンシャルプランナーの中には、自動車保険や火災保険は取り扱ってない場合もありますので、もし他のサービスを利用するなら、事前に確認しておいたほうがいいと思います〜

 

>>ほけんの窓口の予約はこちら

 

保険相談する

このページの先頭へ