ほけんの窓口の歴史について

 

ほけんの窓口の歴史について

 

ほけんの窓口は、前社長の今野則夫氏が、1995年に販売代理店として独立して創業したのが始まりです。

 

2000年に横浜市の港北ニュータウンに1号店を開店し、「来店型保険ショップ」という新形態が大成功し、一気に支店網を広げ急成長を果たしました。

 

2011年には200店舗にまでになりましたが、2012年には内定していた株式公開前に今野に対する脱税疑惑が浮上。2013年3月、今野氏は社長を退任し、現在はあいおい生命などの社長を歴任した、窪田氏が社長を務めています。

 

2014年3月まで、ほけんの窓口、みんなの保険プラザ、ほけんの専門店と3ブランドで展開していましたが、現在はすべてほけんの窓口でブランド統一されています。

 

 

>>ほけんの窓口について詳しくは

 

保険相談する

このページの先頭へ