空き家・無人の家でも火災保険は必要?

Q:空き家・無人の家でも火災保険は必要?

A:基本的には必要です

火災保険に加入するのは、火災で発生する様々な損害を補償するためで、一般的にその対象となるのは居住していて価値がある建物です。そう考えると人が住んでいない空き家や無人の家なら、わざわざ火災保険に加入する必要はないんじゃないの?と考える方も少なくありません。

まあ正直、人が住んでいない空き家なので再建する必要がありませんし、老朽化している建物であれば、いっそのこと火事で燃えちゃえ!って思うかもしれませんよね。

 

でもね・・・

火災後の残存物の片づけや撤去などの費用がかかる

火事の後は残骸が残りますからねー そんなのの片付けの費用、更地にする費用などは案外高いんですよね。

また火災の発生で隣家に被害を与えてしまったり、人をケガさせてしまったりする場合には、所有者として損害賠償をする責任も発生します。

 

このように空き家であったとしてもリスクがあるもので、誰も住んでいない建物だから火災になっても問題がないとは決して言えることではないのです。損害賠償などを含め様々な費用が発生することを考えると、空き家であっても火災保険に加入しておく必要があると認識できます。

 

ただ空き家の火災保険に関して注意すること、それは・・・

空き家のほうが保険料が高い

人が住んでいない家については保険契約する際には住宅として判断されず、店舗や事務所などと同様の一般物件となります。一般物件は住宅と比較して保険料が割高になります。空き家に火災保険をかけるのは馬鹿らしいなぁ〜って思うなら、いっそのこと手放すのもアリかもしれません。

 

ほけんの窓口で火災保険に入れる?

 

保険相談する

 

 

このページの先頭へ