半焼の場合、火災保険ってどうなる?

Q:半焼の場合、火災保険ってどうなる?

A:安心してください、ちゃんと補償されます

もしもの時に火災保険に入っていれば、被害の金額を補償してもらえるので安心できますが、補償が出るのは家が全焼した時だけで、柱が残っていたら全焼にならないので保険金は出ないのでは?と思っている人もいます。実際のところ半焼の場合は火災保険はどうなるのでしょうか。

 

火事が原因で金銭の損害がどれほど出たかが基準になる

まず、半焼の定義は「対象の家に20%から50%未満の被害が発生した場合」です。また、「床面積20%以上70%未満が燃えた時」にも半焼の扱いになります。対象的に全焼とは、「保険価額の50%以上の損害が出た場合、また床面積の70%以上が焼けた場合」に言われます。

最近では壁や鉄骨の材質が良くなっているので、壁が一枚残っているとか、柱が残っているから半焼という判定基準ではありません。床の何%が焼けてしまったかを判定するので、算定はより現実的です。算定の基準は、家が全焼したかどうかではなく、火事が原因で金銭の損害がどれほど出たかが基準になります。つまり建て替えが必要な場合は全額補償されます。

 

また、火災保険では畳が一枚燃えただけ、壁が一枚焦げただけでも、きちんと申告と手続きをすれば保険金を受け取ることができます。ボヤ程度の火事で半焼みたいなイメージですね。

 

つまりボヤ程度の火事でも、保険金を受け取れるってわけです

もし、保険会社が火災保険は半焼では支払われない決まりを作った場合、わざと家を全焼にするために、消火せずに火が広がるようにする人も出かねないので、火災保険を売り出す意味がなくなりますよね。半焼では保険金は支払わないということはなく、それに見合った保険金をもらうことができます。

 

ほけんの窓口で火災保険に入れる?

 

保険相談する

 

 

このページの先頭へ