火災保険の必要性を教えてください

火災保険の必要性を教えてください

火災保険に入った方が良い理由は、当然ながら、もしも住居が火事で燃えてしまった時に保険会社からの補償でカバーできるから。火災保険の補償の対象となるのが、火事による損傷と落雷や破裂、爆発が原因で起きる災害や被害に関しても補償を受けることができます。また、火災保険にもオプションを申し込んでおけば、盗難に遭った時や屋根の水濡れなどによる被害も補償の対象になります。このように火災保険は、火事の被害だけではなく幅広い範囲で補償してくれるので、必要性は十分にあります。

 

また、日本の法律では、故意や大きな過失がなければ、火事を引き起こした人は他人の家に対して賠償する責任はないと決められています。もし隣の家が火事になって、自分の家にまで火が燃え移って全焼してしまっても、原則的には隣の家に損害賠償の請求をすることができません。火事に関しては自分の家を自分で守る必要性があるので、火災保険に入っておいた方が良いでしょう。

 

さらに、自分が賃貸マンションに住んでいる時に火事になってしまった場合には、隣りの家まで賠償する責任はありませんが、大家さんに対しては賠償責任をしなければなりません。火事で燃えてしまった部分は全て自費で直さなければならないので、家の契約をする時に火災保険の加入を義務付けている賃貸マンションが多いようです。そのため、火災保険には加入する必要性があることがわかります。

 

一戸建てではなく耐火に優れているマンションを購入する時に、火災保険に入る必要性が無いように感じますが、火事が起きる可能性は低くても、一度起きると損害額が大きくなるので、やはり加入しておいた方が良いでしょう。

ほけんの窓口で火災保険に入れる?

 

保険相談する

 

 

このページの先頭へ