火災保険の補償内容、補償範囲は?

Q:火災保険の補償内容、補償範囲は?

A:意外と広い

火災保険という名前の保険でも、補償されるのは火災だけではなく保障範囲は意外と広範囲になります。自然災害や住居のトラブルでも損害の補償を受けることができます。しかし当然ながら、各保険会社の契約内容によって保障範囲も変わってくるので、自分にとって最も適した補償を選ぶようにしましょう。

 

火災、落雷、ガス爆発は基本設定

通常の火災保険では、オプション無しの基本設定で、火災、落雷、ガス爆発の3つが保障範囲に含まれています。下に、それぞれの補償が出る例を紹介しますね。

 

火災
・隣の家からの引火
・放火
・寝たばこによる火事
・配線の加熱による火事
・天ぷらを揚げていて鍋に火がついてしまった場合
・天ぷら油の熱が天井の蛍光灯のカバーやコンセントを溶かした

などの場合、補償されます。
ただし天ぷら油の場合、火を付けたまま放置したら重過失となり補償されません。寝タバコなどその他の場合も状況によっては重過失となります。

 

落雷

・雷の影響で屋根や壁に穴が開いた
・雷の影響で自宅が火事になってしまった

などの場合、補償されます。電化製品の故障などは、オプションの家財保険に加入しているかどうかの判断になります。

 

ガス爆発

・ガス漏れが原因の爆発
・プロパンガスの爆発
・スプレー缶の破裂で起きる損害
・それらに伴う火災

などについて補償してくれます。

 

 

また、台風や雪、雹などが原因の災害にも対応していて、強風が原因でガラスに飛来物が当たって割れてしまった場合や雹(ひょう)によって屋根に穴が開いた時なども対応してくれます。暴風や旋風、竜巻が原因で建物や家財が損害を受けたときにも補償され、屋根や壁だけでなく強風でテレビのアンテナが壊れた時でも適用されます。さらに、洪水が起きて家財が流されたり、床上浸水が起きた時でも補償がでます。このように保障範囲はかなり広いので、加入している保険ではどこまで保障してもらえるのかを事前に確認しておきましょう。

 

ほけんの窓口で火災保険に入れる?

 

保険相談する

 

 

このページの先頭へ