火災保険ってざっくり年間いくらぐらい必要?

火災保険ってざっくり年間いくらぐらい必要?

火事だけではなく台風や雷や雪からも自分の家を守ってくれる火災保険は、新しく家を購入する人にとっては欠かせない保険です。

 

ただ保険料がねぇ・・・

やっぱり気になりますよね。火事が起きて家が全焼してしまったら数千万円の保険金が下りるので、毎年の保険料も高いと思われていますが、年間いくらぐらいを目安に考えればいいのでしょうか?

 

一軒家で、ざっくり年間2万円ぐらい

ざっくりいいますよ。家の大きさとかで変わるので一概にはいえませんよ。でもね、一般的な住宅で、5千万円以上の高級住宅でない場合、一年あたり約2万円が火災保険料で準備する値段といわれています。もちろん、建物の値段によっても保険料も変わってきますし、構造も燃えにくいかどうかで火災保険の値段は変わります。

 

マンションはさらに安くなる

分譲マンションを購入する時は、高級マンションでなく高額家財がなければ戸建てよりも安めの保険料になります。これはマンションが木造ではなく燃えにくいからです。

年間だいたい、1万円が目安になります。補償の条件が同じでも年ごとに支払うと3万円近くかかってしまいますが、長期一括払いであれば1万円弱の値段で抑えることができます。

賃貸住宅に住む時にも、不動産会社や家主から火災保険に入ることを条件にされます。賃貸住宅の火災保険は1年で5千円から8千円が目安になります。自分で購入する分譲マンションとは違い、賃貸では長期の契約ができないので毎年保険料を払わなければならず、保険料は少し割高になります。

 

ほけんの窓口で火災保険に入れる?

 

保険相談する

 

 

このページの先頭へ