火災保険に未加入の場合はどうすればいい?

Q:火災保険に未加入の場合はどうすればいい?

A:火事ですべてを失います・・・

 

仮に火災保険に未加入で、火事を起こして全焼した場合、いったいあなたはどうなるでしょう?

 

まず国は助けてくれません
保険に入ってない人の火事の後処理を助けるほど、国や自治体は甘くありません。

 

すべてを失います
家、家にある財産などはすべて無くなります。

 

預金は助かる
銀行通帳などが燃えて無くなったとしても、手続きすればちゃんと助かります。

 

追加でお金が必要です
燃え跡を売るにしても、更地にする費用が必要なので、さらに数百万円単位でお金が必要です。

 

家のローンは残ります
家を建てる時、ローンを組んでたとしても、そのローンは残ります。

 

以上を踏まえ、それでも未加入がいい!という方のために、火災保険に現在未加入で、契約をした方が良いのか分からないという人は、「無保険であることのメリット・デメリット」を考えてみると良いでしょう。

無保険であることのメリットは「手元で使えるお金が増える」という点です。年間およそ1万円から1万5,000円程度とはいえ、自由に使えるお金が少しでも多くあることは利点と言えます。一方、火災保険に未加入であることのデメリットは、「緊急時の対処が大変」という点でしょう。火災や風災などで家屋が損傷を受けた場合、修繕費用はすべて自分で支払う必要があります。全焼や全壊してしまったので新たに立て直すとなると、少なくとも数千万円の資金が必要となるでしょう。そうした時に無保険であることは、人生プランそのものに影響すると言えるでしょう。

とはいえ、個別に保険への加入手続きをしなくても良いケースも存在します。それは「賃貸物件に住む場合」です。賃貸のアパートやマンションでは、ほぼすべてのケースで大家もしくは管理会社が物件全体を補償対象とした火災保険に一括加入しています。契約時には団体保険への加入手続きも並行して行われるのが一般的で、その保険料は月々支払う家賃の1部として請求されるので、個別に加入する必要はありません。ただし、築年数がかなり経っている物件では、こうした団体契約をしていないこともあるので、現在賃貸物件に住んでいるものの保険に加入しているかどうか分からないという場合は、未加入か否かに関する詳細を管理会社もしくは不動産屋に確認しておくと安心でしょう。

 

ほけんの窓口で火災保険に入れる?

 

保険相談する

 

 

このページの先頭へ