日本生命の学資保険の途中解約の方法は?

Q:日本生命の学資保険っていつから入るのがいい?

A:早けりゃ早いほうがいい

日本生命に限らず、学資保険に加入するのは早ければ早いほうがいいです。早く入ったほうが月々の支払額が安くなるからです。

家族によってはまだ赤ちゃんがお腹の中にいるときに加入する人もいます。さすがにそれは気が早いと思いますが、数%はおられます。

 

さらに日本生命の学資保険では、原則として子どもの年齢が低ければ低いほど、満期の際にもらえる保険金の払い戻し率が高くなっています。つまり、トータルで支払う保険料の額が減り、お得に保険金がもらえるということです。そのため、可能な限り早く学資保険に加入するという決定を下すようにしましょう。月々の保険料が少なくなりますので、より長期間に亘る払い込みとなりますが、家計への負担が減ってコツコツと保険料を支払っていくのに便利です。

日本生命の学資保険は、しっかりとした保障が特徴となっていて、子どもの将来のために貯蓄をするのに優れた商品です。払い込み期間や契約開始年齢などを選択できますので、それぞれの事情に合わせて保険を活用できるのもメリットと言えるでしょう。

 

いつから入るかによって払い戻し率や、トータルで支払う保険料の額が変わってきますので、どのタイミングで契約をするかということをあらかじめ考えておきましょう。

 

加入は140日前から可能

日本生命では、出産予定日の140日前から学資保険へ加入することが可能となっていますので、よりお得に保険を利用したいという方は、こうした制度を利用することもできるでしょう。出産に関係するリスクを避けたいという人でも、出産後できるだけ早く契約をすることによって、より貯蓄率の高い保険利用が可能となりますので、出産予定日が分かった時点で学資保険の加入についてじっくりといろいろな資料を見ながら話し合うと良いでしょう。

日本生命の学資保険ってどう?

 

学資保険はほけんの窓口で相談できます!

>>お近くの ほけんの窓口のお店を探す

保険相談する

 

 

日本生命の学資保険について

このページの先頭へ