ほけんの窓口で保険相談受けました


ほけんの窓口

 

そんなこんなで時間はあっという間に過ぎ・・・

という訳で、自分の保険の現状がよくわかった。 こんな状態で何年も過ごしてきたのがなんだか悔しい。

なにより、生保レディーのお色気だけで保険を選んでしまった過去の自分が恨めしい。

今回相談して感じたのは、まずは80歳までの6000万円もの高額保証は必要ないってこと。

60歳までで十分だ。60歳から80歳までの支払いを保証する保険料は、月々5000円に相当するらしい。つまり、保証を60歳までにしちゃうと、月々に支払う金額は5000円安くなる。

さらに、80歳超えてから死亡した時に保険料が0円ってのも問題だ。葬式代ぐらいは出したい。

 

ということで、これからの方向性が見えたところで、2時間が過ぎた。
あっという間の2時間だったが、これ以上は頭がパンクしそうなのでちょうどいい時間なのかもしれない。

 

改善の方向性は3つ

・ 60歳以降の高額の死亡保障はいらない
・ いくつで死んだとしても葬式代ぐらいは出したい(つまり終身保険に入る)
・ 月々の負担額は今と同じか、それ以下でおさまる範囲で

 

とりあえず、このことを踏まえて、次に相談するときまでに担当の山本さん(仮名)が保険のプランを何パターンか考えてくれるらしい。これでひとまず、80歳で子供に命を狙われることはない。逆に60歳で命を狙われる可能性も否定できないが、60歳ならまだまだ体力があるので、反撃も可能だろう。

無料のほけん相談を受けてみよう

 

多くの人が、保険見直しまで2〜3回は相談に

ほけんの窓口に相談に来る人のほとんどが、2回から3回は相談に来て、保険の見直しをするらしい。

一回で決まればいいけど、一生に支払う総額が1千万円を超えることも珍しくない生命保険は

「人生で二番目に大きな買い物」

とも言われている。(マイホームの次に大きな買い物って意味です。)
決して生保レディーの胸の大きさだけで決めていいものではない。

 

じっくり考えて、相談に乗ってもらって、決めるのがベターだと思う。

 

と言うわけで、次回の相談の予約を入れてから帰ることにした。
ほけんの窓口からは、極力電話とかしない方針だと言うことなので、忘れられても困る。

 

 

帰りにプレゼントが・・・

今回伺ったお店はオープンして間もなくだったことから、開店祝いになんだかいろんなおみやげをもらった。あんまり欲しくは無いけど、実際にもらうと得した気分になるよね。

 

こんなにたくさんのお土産
ポンポンとあんしんセエメエ
これは保険のパンフレット

 

 

総括

保険を見なおそうって明確に思っている人ももちろんだけど、イマイチ自分の保険がどうなっているか分からないのでちゃんと知っておきたいって人にもオススメです。保険会社に聞いてもいいけど、やっぱ第三者に説明してもらったほうが信頼感が高い。

 

最初の説明でも言われたけど、別に保険の見直しや新規の申し込みをしなくても、お金を請求されたりはしないです。100%冷やかしで行くのは、向こうにとっても迷惑かもしれないけど、自分の保険内容を確認するだけでも、一度相談に行ってみる価値はあると思う。それでよければ見なおせばいいし、現状の保険が納得できたのなら、そのままにしておけばいい。

保険に限らず、無料見積りや無料相談の後って、やたら電話営業とかかかってくるけど、ほけんの窓口に限っては、こっちが連絡するまではかかってこない。実際に3回目のアポは、こっちが電話して取ったぐらい。こっちから電話かけなかったら、放置プレイされるところだった。一応、メールは来てたけど。

 

僕の話を聞いたあと相談に行った後輩は、帰りに予約を取らなかったんだけど、全然電話がかかってこないから、逆に不安になったって僕に愚痴りに来た。そんなのしらねーよ。

とにかく、保険のことが気になるなら、ほけんの窓口で相談してみるってのは、結構オススメです。 どうしても土日は早めに埋まってしまうので、ちょっと早めに予約しておくか、平日の遅い時間なんかも狙い目です。

 

次は・・・ あなたの生命保険のプランを見直しましょう>>

 

 

保険相談する

 

WEBでの申込みが不安なあなたに・・・ WEBでの申込み方法の説明

このページの先頭へ